COSMOS ORGANIC

エコサート認証コスモスオーガニックとは

organic space のスキンケア製品および全原料は

COSMOS基準のオーガニック100

 


① COSMOS ORGANIC (コスモスオーガニック)とは



COSMOS (COSMetic Organic Standard)とは、2000年代に入りヨーロッパで統一的につくられたオーガニックとナチュラル化粧品の新しい世界基準です。
ECOCERT Greenlife SAS (
フランス)Cosmebio(フランス) BDIH(ドイツ)ICEA(イタリア)SOIL ASSOCIATION(イギリス)といったヨーロッパ各国のオーガニック認証機関が、それまで各々に定めていたナチュラル及びオーガニック化粧品の認証ルールを調和させ、その価値や影響力を高めていくために、より明確な全ヨーロッパ統一基準をつくることを目的に、COSMOS Standard AISBL(国際非営利社団)2010年ベルギーで設立しました。

コスモス基準の究極の目的は《Sustainable Development持続可能な開発》を化粧品分野において可能とすることで、環境保護そして自然由来およびオーガニック原料を使用した原材料の生産から 最終製品の流通を促進していくことです。



COSMOS ORGANIC の主な基準

・使用されるすべての原料は精査された植物由来の原料でなくてはならない。

・水やミネラル分以外の植物原料(オイル、抽出物、バター等)の95%以上はオーガニック栽培原料でなければならない。

・完成品(水やミネラルを含む)の最低20%以上は、オーガニック栽培原料でなければならない。

(参考)COSMOS NATRURALの主な基準

・オーガニック栽培原料の最小必要含有量の定めはない。

COSMOS 共通基準

・オーガニック栽培原料(植物の抽出)の算定方法が厳しく定められている。

・オーガニック栽培由来原料使用を推奨し、生物学的多様性に配慮する。

・人間の健康や環境を配慮した加工及び製造方法を用いる。

・《Green Chemistry》(生態系に与える影響を考慮し、持続可能な科学校業の在り方を提言する環境運動)の原則を遵守する。



② COSMOS ORGANIC 基準の特徴

COSMOS ORGANIC の最大の特徴は、製品に対するオーガニック原料含有量を%ではっきり示すこと!!

(ほかのオーガニック基準には最低含有基準はあるものの、%の明示を義務付けているものはありません。消費者にとっては、その製品のオーガニック性の高さを確認する明確な基準となります。)



③ organic space の製品および全原料は、COSMOS ORGANIC基準において、100%オーガニックの認証を受けています。



合同会社organic spaceの製品および原料には、認証機関の一つであるエコサートをとおして、COSMOS ORGANIC(コスメ製品認証)とCOSMOS CERTIFIED(原料製品認証)の認証をうけ、さらに100%オーガニックであることが明示されています。

ページトップへ